iFOREXはスワップ狙いにもってこいの海外FX業者

スワップポイントって?

スワップポイントって?のアイキャッチ画像
  • スワップポイントとは?
  • スワップポイントはどうやってもらうの?
  • スワップポイントはいつもらえるの?

スワップポイントとは?

まずはじめにスワップポイントとは何かについて説明していきます。

スワップポイントとは、ポジションを持った際に金利の異なる2国間の金利差によって発生する金利差額のことを言います。

現在日本の金利は世界的にも低金利となっており、定期預金や普通預金などで国内の銀行などにお金を預けていたとしても、金利は平均あたりわずか0.01%~0.03%です。
分かりやすく例えると、ゆうちょ銀行の定期預金に100万円を一年間預けていた場合、一年後にもらえる利息はなんとわずか100円です。

(金利の計算方法)ゆうちょ銀行定期預金0.01%の場合
100万円(預入金額)×0.01%(金利)÷12ヶ月(年間)×12ヶ月(預入期間)=100円

日本の低金利の場合、100万円を一年間預けてもたった100円しか利息を得ることが出来ないのです。
但し、預けているだけで利息がもらえるので決して悪いことではないのですが、世界の他の国では日本とは比べ物にならないほど高金利な国も存在します。
そこで、FXでは高金利な国の通貨と低金利の国の通貨ペアによる金利差で利益を得ることが可能なのです。

スワップポイントはどうやってもらうの?

FXにおけるスワップポイントは、高金利の国の通貨と日本のような低金利の国の通貨ペアでロングポジション(買い)取引をすることで、金利差額を受け取ることができます。

反対に、高金利の国の通貨と低金利の国の通貨ペアでショートポジション(売り)取引をした場合はマイナスの金利差額が発生してしまうのでスワップポイントを支払うことになる為注意が必要です。

国の金利は政策金利で決まっており、日本の政策金利は0.10%なので、0.10%より高い金利の国の通貨を円で買うことでプラスのスワップポイントをもらうことが出来ます。

メジャー通貨で例えるとアメリカの政策金利は2.50%なのでドル/円の通貨ペアでロングポジション(買い)取引をするとプラスのスワップポイントがもらえて、逆にショートポジション(売り)取引をした場合はマイナスのスワップポイントを払うということになります。

しかし、国によってはマイナス金利の国もある為、日本の政策金利より低い国も存在します。
例えば、欧州の政策金利は0%なので、ユーロ/円の通貨ペアでロングポジション(買い)取引をするとマイナスのスワップポイントが発生するので注意が必要です。

このように、国の政策金利と取引する通貨ペアによってロングポジション(買い)でもショートポジション(売り)でもスワップポイントがプラスになる場合とマイナスになる場合があるので、取引する際には通貨ペアの国の政策金利にも注意して、スワップポイントがプラスになるのかマイナスになるのかを理解してから取引きするようにしましょう。

スワップポイントはいつもらえるの?

スワップポイントがもらえるタイミングは基本的にNY市場のクローズを基準としてオーバーナイト(日付変更)したタイミング、つまり日付をまたいでポジションを持ち越した時点でスワップポイントがもらえます。

日本時間の場合は、午前7時(夏時間は午前6時)を過ぎた段階でスワップポイントが付与されます。

また、スワップポイントは日割り計算で毎日もらうことが出来ますが、土日はマーケットが閉まっているので取引出来ないのはもちろんのことスワップポイントをもらうことが出来ません。

そこで土日分のスワップポイントをまとめてもらうことが出来る曜日が存在します。
それは、水曜のNY市場のクローズされるタイミングです。日本時間の場合は、木曜の午前7時(夏時間は午前6時)になるので、毎週木曜日のスワップポイントは当日+土日を含めた3倍のスワップポイントが受け取れるのです。

以上、スワップポイントとは為替レートの変動に関わらず、ポジションを保有しているだけで利益を稼ぐことが出来るのです。
本来FX取引で利益を上げるには為替レートの変動によって損益を発生させますが、スワップポイントは金利差によって発生するので為替レートの変動に影響を受けません。

低金利の日本では定期預金や普通預金にお金を預けるよりも、スワップポイントの方が高い利息が発生する為、資産運用目的で長期保有してスワップポイントで利益を上げるという投資方法が日本人に人気でもあります。

但し、スワップポイント自体は為替レートの影響を受けませんが、ポジションを保有している以上は為替レートの変動によっても損益が発生するので、スワップポイントの仕組みを理解してうまく活用することでトレードを有利に行うことが出来ます。

iFOREXはどんな会社?

iFOREXはどんな会社?のアイキャッチ画像

iFOREXは、1996年に設立されたギリシャを本拠地とする20年以上の実績を持つ歴史ある海外FX業者です。

20年以上の運用歴を持ち信頼性も高く、初心者トレードから上級者トレーダーまで幅広い方に向いている老舗業者といえます。

iFOREXには他の海外FX業者には無い多くの強みとメリットがあります。

  • 3つのライセンスを取得!安心・安全の信頼性
  • 業界唯一のロスカット水準0%+追証なし!最大レバレッジ400倍でハイレバトレード
  • 業界ナンバーワン!取引銘柄は全600種類以上
  • 豪華ボーナスキャンペーン!100%入金ボーナスで証拠金2倍
  • 抜群のサポート体制!充実した日本語サポート

以上、iFOREXは高い信頼性と充実した日本語サポートにて安心してトレードできる環境が整っています。
そして、他のFX業者にはないロスカット水準0%でのハイレバレッジ取引が可能となっており、豪華ボーナスを活用し更に有効的なハイレバトレードも可能です。

取引銘柄も豊富で幅広く扱っている為、初心者から上級者まで多くの方にオススメ出来る海外FX業者がこのiFOREXです。

なぜiFOREXがスワップ狙いに良いのか

なぜiFOREXがスワップ狙いに良いのかのアイキャッチ画像
  • iFOREXはロスカットされにくい?
  • スワップポイントはFX業者によって違う?
  • オススメの通貨ペアは?

iFOREXはロスカットされにくい?

iFOREXがスワップポイント狙いにオススメなのには理由があります。

その一つが、iFOREXだとロスカットがされにくいことです。
iFOREXだとなぜロスカットがされにくいのか?答えは簡単です。
「ロスカット水準0%」これに限ります。

ロスカット水準0%ということは、証拠金が無くなるまでポジションを持つことが可能なので、含み損に限界まで耐えることが出来ます。
スワップポイント狙いで重要なことは、とにかくロスカットされない事です。

スワップポイントがもらえるのはオーバーナイト(日付変更)するタイミングなので、スワップポイントで稼ぐためには一日でも長くポジションを保有する必要があります。

その為、FX業者の中でも唯一ロスカット水準0%に対応しているiFOREXは一番含み損に耐えることが出来てロスカットされる可能性を引き下げることが出来るのでスワップポイント狙いに適したFX業者と言えます。

スワップポイントはFX業者によって違う?

スワップポイントは通貨ペアの国の金利差額によって得られる利益ですが、その金額についてはFX業者によって異なります。

国の政策金利は世界共通でも通貨ペア毎のスワップポイント金額はFX業者によって異なる為、プラスのスワップポイントが高く、マイナスのスワップポイントが低いFX業者がオススメになります。

海外FX業者でも人気のGemForexとXMと比較しても、プラスのスワップポイントが他のFX業者に比べてiFOREXは金額が高いです。
通貨ペアによって各FX業者にも特徴がある為、すべての通貨ペアでオススメできるとは言い切れませんが、メジャー通貨をはじめとするほとんどの通貨でiFOREXはスワップポイントが高いので長期保有目的としてスワップポイントで稼ぎたいトレーダーにはオススメです。

オススメの通貨ペアは?

FXは本来為替レートの変動にて損益を狙って稼ぐデイトレーダーやスキャルピングが主流ですが、スワップポイントを狙って金利の高い通貨ペアを長期保有して利益を得る方法も人気の手法の一つです。

そこで、iFOREXでのスワップポイントを狙って金利で利益を得る場合にオススメの通貨ペアを紹介します。

1位:TRY/JPY(トルコリラ円)
政策金利はなんと24.0%!とにかく金利の高さが売りで人気のトリコリラ通貨
高額のスワップポイントでガッツリ稼ぎたい人向け

2位:USD/JPY(ドル円)
日本人に一番馴染みのあるドル円!
流動的な価格変動のリスクも少なくじっくり長期投資したい人向け

3位:AUD/JPY(豪ドル円)
トルコリラと同じくスワップポイント狙いで人気の豪ドル通貨
現在金利の低下が続いているが、未だに根強い人気のスワップ狙いに適した通貨

まずはじめに第3位はAUD/JPY(豪ドル円)です。
以前は高金利通貨としてトルコリラと同じくスワップポイント狙いの長期保有トレーダーに人気の通貨でしたが、ここ数年では金利の低下が続いておりスワップポイントも低下している傾向にあります。
しかしながら未だに長期保有トレーダーには人気の通貨で、スワップポイント狙いを初めてみたい人にはオススメの通貨ペアです。

つづく第2位はUSD/JPY(ドル円)です。
誰もが知っているドル円は日本人にとっても一番馴染みやすい通貨ペアと言えます。突発的な暴落や急激な価格変動のリスクも少ない為、長期保有で確実にスワップポイントを稼ぎたい人にオススメの通貨ペアです。

そして堂々の第1位はTRY/JPY(トルコリラ円)です。
政策金利が24.0%ということもありスワップポイントは申し分ないほどの高額配当がもらえます。
そしてiFOREXは海外FX業者でもTRY/JPY(トルコリラ円)を取扱っている数少ないFX業者です。国内FX業者では取り扱っているところも多いですが、海外FX業者ではほとんど取扱っていない為、日本人に一番なじみのある円でトルコリラ通貨を保有できるのはiFOREXならではの強みです。

まとめ

iFOREXはスワップ狙いにもってこいの海外FX業者のまとめのアイキャッチ画像

以上、今回はFXのスワップポイントについて説明しましたが、海外FX業者でスワップポイント狙いをする場合iFOREXはとてもオススメの業者と言えます。

理由として、一つ目は「ロスカット水準0%」によりロスカットがされにくいこと。そして二つ目は海外FX業者の中でもスワップポイントが高い多くの通貨ペアを取扱っていることが挙げられます。

しかし海外FX業者でスワップポイント狙いをする場合は注意も必要です。
スワップポイントは金利の高い通貨を保有しているだけで利益がもらえるので非常に魅力的ではありますが、ポジションを保有している以上そもそもレートがポジションと反対方向に動いた場合はスワップポイント以上の損失が出ることを忘れてはいけません。

特に海外FX業者は高いレバレッジが魅力の一つでもあるので、スワップポイント狙いで長期保有する場合は、レバレッジを最小に抑えて資金管理の徹底をしないと、レバレッジを効かせて長期保有をしてしまうと少しの変動であっと言う間に資金を溶かしてしまう可能性があります。

また、高金利通貨は流動性も高く急激な価格変動のリスクや、経済状況の影響も受けやすいので、レバレッジを抑えて最小リスクで資金管理を行うことが必須になります。

但し、iFOREXのロスカット水準0%ということと、100%入金ボーナスで証拠金を2倍にすることが出来るのは、海外FX業者のなかでも長期保有をする上で強力な武器なるので、iFOREXのメリットを最大限に活かし、レバレッジのリスクを抑えた取引でトレードすることをオススメします。

iFOREXの口座開設はこちらボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です