iFOREXのCFD銘柄についてまとめ

CFDって何?

CFDって何?のアイキャッチ画像

CFDはコントラクト・フォア・ディファレンスをアルファベット表記し、Contract For Differenceの頭文字を取って組み合わせた造語です。
意味は差金決済取引のことを指し、モノが存在しないため取引対象は反対売買を行う権利となりトレードは仮想的と言えます。

差金決済取引は円とドルのような現物の紙幣の受け渡しをせず売買で生じた損益を計算して受け渡しを行い、得することもあれば損をすることもあるシステムです。
この仕組みは信用取引をイメージされやすいですが、実際には似てそうで違う点もあります。

CFD取引の場合、投資ポジションが投資資金よりも大きくできる仕組みは信用取引と共通する部分はありますが、レバレッジの違いや実際の貸借や受け渡しの有無の2点で大きく異なります。
レバレッジでは信用取引では3倍程度しかありませんがCFD取引は10倍になり、小さな金額を賭けて大きな金額を動かせることが特徴です。

信用取引の場合は証券会社が投資家にお金を貸して借金という形で株式購入の受け渡しをしますが、CFD取引はトレードをして発生する利益や損失だけを投資家が証券会社とやり取りをするなど違いがあります。

以上のように、CFD取引をするメリットはスピーディーに簡単にでき、レバレッジが高くスプレッドが狭くて建値が明確であることです。

CFDとFXはどう違う?

CFDとFXはどう違う?のアイキャッチ画像

CFDは為替や個別株、株価指数、商品、上場投資信託など様々な銘柄が取引できますが、FXは為替取引に限られます。
基本的に、FXは短期の投資に向いていますが、逆に長くなればCFDのほうをおすすめする傾向が強いです。

共通点は証拠金取引や24時間取引可能で、レバレッジを効かせた投資ができて税金の区分が同じく雑所得として扱われ合算できます。
このため、どちらかで投資の経験をすれば違いを気にせずにでき、最適な方法を選ぶと便利です。

ただし、違いがあるため初心者は混乱しやすく、事前に仕組みを把握してトレードをする必要があります。
CFDの特徴は売値と買値の差であるスプレッドがそれほど狭くなく、スワップ金利が高いことが特徴です。
また、CFDは国内では取扱業者が少ないですが海外では多く、FX専業業者の参入も見られ数年後にはサービスの改善がされることが予想されます。

基本的にFXは短期でも利益を出せるため人気がありますが、逆にCFDは多くの銘柄を選べて経験者に向いていることが特徴です。

CFDの特徴はトレンドが明確で日経平均や株価指数、個別株に別々に投資ができ、FXのように為替が2国間のバランスによってレートが決まり明確なトレンドは出にくくスワップ金利を狙った長期投資は失敗する傾向があります。

以上のように、CFDはFXと比べると選べる銘柄が多くトレンドが明確で、投資の経験があれば向いているといえます。
最近では、外国株CFDが急成長しているため安定した収益を出しやすく、FXよりも注目される可能性が高いです。

iFOREXでは取扱いCFD銘柄は600以上!

iFOREXでは取扱いCFD銘柄は600以上!のアイキャッチ画像

iFOREXは20年以上の運営実績があり、アイフォ戦士と呼ばれる一獲千金を目指すトレーダーが多いことでも有名です。
扱う銘柄はFX向けの通貨ペアだけでなく、株式投資や上場投資信託、仮想通貨、商品、株価指数など様々なジャンルがあります。

通貨ペアはドル円やユーロ円など様々なタイプがあり、商品は金や銀、天然ガスなどがあります。
株式はアップルやフェイスブック、トヨタなどで、株価指数は日経平均株価やダウ平均などです。
上場投資信託は中国大型株や欧州先進国ファンドなどで、仮想通貨はビットコインやイーサリアムなどがあります。

以上のように、600種類と多くの選択肢を選べ、一獲千金を狙えるようにトレードをすると効果的です。

iFOREXの特徴は多くの通貨ペアがあり、スプレッドが他社よりも狭くレバレッジが最大で400倍と大きいです。
また、取引時間は週5日で24時間と長く、価格の変動を見ながら安心して投資を行えます。

商品はCFD形式で取引をすると価格差をうまく利用し、モバイルやパソコン経由で場所や時間を気にせずに複数の取引を管理できて便利です。
レバレッジを使って多種の商品を取引し、複数の銘柄を狭いスプレッドで活用できます。

株価指数は複数の銘柄のバスケットに本質的に1度で投資でき、最大200倍のレバレッジを使って取引ができて豊富な無料取引ツールにアクセスできて便利です。

株式はポートフォリオを多様化でき、世界をリードするブランドの成功や失敗を活用できます。
また、複数の市場で複数の取引を管理し、進んだ注文方法を使えることが特徴です。

上場投資信託は複数の銘柄に一度に投資でき、革新的なツールや素晴らしい条件を活用してチャンスを広げることができます。

以上のように、多くの銘柄があるためそれぞれの違いを確かめ、レバレッジを生かして利益を出せるようにすると効果的です。
このため、FX以外の金融商品取引だけでなく幅広い銘柄を選べ、これらを高いレバレッジで取引できます。

iFOREXでCFDを取引するメリット

iFOREXでCFDを取引するメリットのアイキャッチ画像

iFOREXは600種類以上の銘柄を取り扱い、ほかのFX業者と異なり投資対象が多くてトレードに有利です。

基本的に、CFD取引は短期よりも長期に向いているため、経済の流れを確かめながら投資対象を選ぶようにすると効率良く稼げます。

iFOREXは運営実績が20年と長く日本語サポートも充実し、初心者でも現地の日本人スタッフがメールや電話、チャットなどで案内してくれて便利です。
他にも、名前やメールアドレス、電話番号の登録だけで口座開設ができ、仮想通貨や日本株などのCFD取引がすぐにできます。

また、預入金額に対して年利3%のボーナスがあり、取引銘柄が600種類と多くて長期投資するために向いていることがメリットです。

ほかにも、ヨーロッパや北中米、アジア諸国など世界数十カ国にFXサービスを提供してきた実績があり、初めて取引をする場合でも扱いやすくシンプルで高性能なシステムを構築しています。

為替相場は常に変動するため国内の業者では必ずある追証がなく、預け入れた証拠金以上の損失は入金せずに済むため安心できます。

スプレッドは業界最低水準で取引手数料が無料のため、収益獲得のチャンスが広がりやすいことがメリットです。
iFOREXのCFD取引は600種類以上の銘柄を取り扱い、60種類以上の豊富な通貨ペアのため自由にできます。

レバレッジトレードは通貨ペア以外に金や銀などをラインナップし、24時間リアルタイムで取引が可能です。
レバレッジ設定は自由度が高く口座の入金額に応じて決まる仕組みで、自由にコントロールをすると有意義に資産を増やせます。

CFD取引は品目に応じてレバレッジが変わりますが、利益を出すためには複数の銘柄を同時に選ぶなど工夫すると効果的です。

iFOREXは約定力が高く出金拒否される心配もなく、スマホアプリもあるため場所を選ばずに確認できます。
ただ、MT4が使えないことがデメリットですが、中長期的にトレードをするためには影響がないことが特徴です。

また、iFOREXでは独自のプラットフォームとしてFxnetがあり、経験を通して操作を覚えてしまえばスムーズにトレードができます。

このように、iFOREXはFXとCFDを同時にできることや運営実績が長く取扱銘柄の種類も豊富で、日本語サポートも充実しているため初心者でも使いやすいことが魅力です。
トレードをする時は最新の動向を確かめながら、複数の銘柄を同時にするなどリスクを減らせるように考えると効果があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です