iFOREXの取引時間は?夏時間と冬時間についても解説

iFOREXはGMT(グリニッジ標準時)で表示されている!

海外FXで取引をする時は現地の時間を把握しないと為替レートや物価が変わることや、24時間でなければ取引ができないこともあります。

ベースになる時間は国際的な基準時刻に合わせて設定され、日本国内との時差を把握して取引をすることが大事です。
一般的に国際的な基準時刻はイギリスのグリニッジになり、経度に合わせて時差が発生します。

時間表示で使用される「GMT」とはグリニッジ平均時を英訳して頭文字を組み合わせたもので、取引をする前にチェックしてズレないようにすることが大事です。
基本的に24時間取引ができればさほど気にしなくてもいいですが、取引時間が限定されればきちんと仕組みを把握しないとせっかく取引しようとしてもできなくて困ります。

海外のFX業者を選ぶ時は国内のように同じ時間帯ではなく、時差があるため採用する地域の状況に合わせ計算できるようにすることが必要です。

海外の市場活動は基本的にGMTで日曜日の22時05分に開始され、金曜日の21時に終了します。

サマータイムは日曜日の21時に05分に開始されて金曜日の20時に終了し、冬時間より1時間前にスライドする仕組みです。
日本時間がGMTの時間から9時間加えたものになり、通常だと月曜日の7時05分に取引が開始され土曜日の06時00分に終了することになります。

サマータイムは1時間前にスライドし、iFOREXでは北アメリカの時間帯で現地時間の3月第2日曜日から11月第1土曜日が該当します。
このように、最初は時間の概念が分かりにくくて戸惑いますが、海外FXをするためには基礎的なものになるためすぐに計算できるようにしたいものです。

基本的にiFOREXにおける取引時間の概念はFX以外の商品や株式、指数などCFD銘柄によって異なり、地域によってサマータイムを採用する期間が変わります。

サマータイムはグリニッジがあるヨーロッパの場合は3月最終日曜日 午前1時から10月最終日曜日午前2時までで、北アメリカと違うため取引先を確認することが大事です。

取引時間は公式サイトで確認したい銘柄をクリックすると表示され、商品情報のページの一番下に表示されています。
日本の時間に直す方法はGMTにサマータイム期間は8時間プラスし、それ以外は9時間プラスすると覚えると簡単です。

このため、FXのように24時間対応ではないCFD銘柄を選ぶ際にはすみやかに計算できるように覚え、チャンスロスにならないようにする必要があります。

夏時間と冬時間に注意

iFOREXに限らず海外FXをするために注意すべきことといえば夏時間と冬時間を採用する国や地域があり、日本との時差がそれぞれ8時間と9時間あることです。

基本的に、スプレッドは終了する20分前あたりから普段の3倍くらいに広がり、開始から1時間後までは10倍程度広がる傾向があります。
日本はサマータイムを採用していないため時間がズレる感覚がありませんが、海外FXをするためにはきちんと仕組みを把握しないと失敗しやすいです。

iFOREXは多くの銘柄を取り扱い、基本的には24時間取引が可能なものもありますが、CFD銘柄の中には限定されるものもあるため事前に確認する必要があります。

夏時間や冬時間は北アメリカやヨーロッパのものをiFOREXでは基準に考えて、それぞれにおいて取引時間が変わってきます。
また、切り替えの時期はきちんと仕組みを理解しないと値動きがあることやスプレッドが開くこともあり、思うように取引ができなくなるため注意が必要です。

トレードは日本時間の深夜帯が増える傾向があり、取引が集中すればサーバーの通信速度が遅くなってしまうこともあります。

夏時間と冬時間の概念や条件は海外FX業者であれば同じですが、取引所によっては独自の設定をすることもあります。

海外旅行をする時は時差ボケなどが問題になっていますが、FXの場合でも慣れるまでは悩まされることが多いものです。
しかし、概念を把握できるようになるとGMTで表示された時刻を瞬時に日本時間に直せ、望み通りの取引ができるようになります。

以上のように、海外FX業者を利用する時は取引時間に関する仕組みをきちんと理解するまで混乱しますが、iFOREXでは日本語サポートも行っているため聞くと悩みを解消できます。
夏時間と冬時間は世界中のどの地域でも採用されているとは限らないため、その都度取引銘柄を見て対処することが大事です。

取引時間はスプレッドが広くならないようにすることや、中止期間のためチャンスロスになることを避けるように確認すると安心できます。
取引時間外は注文の受付や変更やキャンセルが不可能で、季節や各国の祝祭日やマーケットの動向などで変わることもあり注意が必要です。

夏時間と冬時間は基本的に1時間ズレるだけですが、その間にも値動きが大きくなることもあります。
取引時間のルールに関する知識は取引をするために必要不可欠なため、早く慣れるように頭を対応できるようにしたいものです。

iFOREXの各商品の取引時間

iFOREXの取引時間は夏時間と冬時間では1時間ズレるため、適応される期間を確かめて取引をする必要があります。

FXは日本時間に直すと夏時間は月曜日の06時05分から土曜日の05時00分までで、冬時間は月曜日の07時05分から土曜日の06時00分までになります。
その間は中断されずに24時間できるため、夏時間と冬時間の切り替えに注意すると安心です。

夏時間はiFOREXでは3月の最終日曜日午前1時から10月の最終日曜日午前2時までになり、それ以外は冬時間と毎年切り替わります。

FX以外のCFDは銘柄ごとに取引時間が異なり、その都度確認してトレードを行う必要があります。

CFDの取引時間はiFOREXの公式サイトの「商品」タブをクリック、「銘柄名」をクリックすると注文画面が表示されます。
そして、「商品情報」タブをクリックすると画面の一番下の部分に取引時間が出てきます。
時間の表記はGMTで表示され、9時間プラスすると日本時間に直せます。

一例として「WTI原油CFD」の取引時間はGMTの表記で日曜の22時01分から金曜日の20時00分で、毎日の1回目取引休止時間が20時59分から22時01分と出ています。
この場合は夏時間なら8時間プラスし冬時間は9時間プラスするとでき、頭で計算して瞬時に日本時間に直せるようにすると便利です。

以上のように、取引時間はFXのように24時間対応ではなくて休止する時間帯も発生し、この間はできないため注意が必要です。
基本的にCFDは商品や株価指数など多くの銘柄があり取引時間も大きく異なり、個別にクリックして頭で計算してできるようになるまで時間がかかります。

iFOREXで取引をする時は夏時間と冬時間のズレに悩むこともありますが、その前に切り替えの時期を把握する必要があります。

FXは期間内であれば24時間取引が可能ですがCFDは中断する期間が設けられている銘柄もあり、個別に確認してチャンスを逃さないように計画を立てることが大事です。

海外FXをする時は日本ではなく現地の時間の取り扱い方を把握し、FXとCFDをトレードする際には瞬時に日本時間に直せるようにしたいものです。
基本的に、GMTは日本時間よりも9時間遅れているため錯覚がありますが、日本が深夜でも現地は夕方になります。

時間は海外FXをするために一番重要な概念になるため、少しでも早く慣れるようにすることが大事です。

iFOREXの口座開設はこちらボタン

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です